キャットフードの種類

高タンパクのキャットフードには幾つかの種類がありますので、自分の飼っている猫が好むキャットフードの種類はどのような種類があるのかをしっかりチェックするようにしてください。そうすることで無理なく対応することができます。キャットフードは大きく分けてドライタイプとウェットタイプの2種類の種類があり、それぞれの種類で高タンパクのキャットフードを選ぶようにしてください。

ドライタイプのキャットフードは、含まれている水分含有量が10%以下のキャットフードのことを言います。あまり水分が入っているとキャットフードにカビが生えてしまうので、水分を10%以内に抑えています。このドライタイプには半生状態のセミモイストタイプも含まれていて、セミモイストタイプだと水分が25%から30%の状態で含まれているのがセミモイストタイプの特徴となっています。

もう1つの種類がウェットタイプです。ウェットタイプのキャットフードは水分もかなり多く含まれていて猫の満足度も高くなります。高タンパクのキャットフードはウェットタイプに含まれていることが多いです。だからこそ多くの猫に好まれるのがウェットタイプのキャットフードになります。原材料が肉を使っているものが多くいために、タンパク質をしっかり取りたいときにおすすめです。